北海道の貧困を克服するために、労働問題や福祉問題について考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

連続学習会「障害と貧困」が開催されました

反貧困ネット北海道 連続学習会「障害と貧困」が開催されました

10月18日、かでる2.7にて発言者に安藤 尚子さん、斉藤 幸恵さん、土屋 晴治さんを迎え、またコーディネーターを我妻 武さん(DPI北海道ブロック会議事務局長)にお願いし、学習会を開催しました。当日は51名の方が集いました。

過去に区役所で生活保護の申請を断られた経験、仕事をしたいのに、思うように働けない状況など厳しい実態が語られ、障害者がカツカツの厳しい生活をしているのはおかしい、社会全体で支えあう仕組みが必要、という意見が述べられました。

また、会場からは「このような問題については小中学生のころからの教育が必要」との意見も出ました。
コーディネーターの我妻さんからは北海道障害者条例が4月から全国で2番目に施行されていること、ぜひこれを使ってほしいというお話がありました。

北海道障害者条例は以下のホームページから見ることができます。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/shf/jyoureitop

障害者と貧困学習会2010

スポンサーサイト
[ 2010/10/20 16:16 ] 反貧困ネット北海道活動報告 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。