北海道の貧困を克服するために、労働問題や福祉問題について考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

反貧困ネット北海道の設立について

              「反貧困ネット北海道」の設立について
                                             2009年5月29日
                                     反貧困ネット北海道 設立準備会
                                  代表 山口 二郎(北海道大学大学院)

1.ネットワーク設立の趣旨
 近年、格差社会、ネットカフェ難民、派遣切り、年金問題、医療問題、貧困問題など、国民の生活を脅かす事件、事象が顕在化してきている。そのため、生活問題、労働問題が深刻化してきており、多くの人々が働きたい、社会に復帰したいと思っても、非常に難しい状況になってきている。
北海道においても同様に、支援を必要とする人々が増えてきており、北海道、札幌市内にある各組織・団体によって支援が行われてきているところである。しかし、今後においても、さらなる貧困問題の広がりと深刻化が予測され、各組織・団体の連携、ネットワークの構築が不可欠となってきており、それぞれの組織・団体、そして個人の社会連帯が求められてきている。そこで、労働問題や生活問題等を抱える人々への支援を行っている各組織・団体、研究者、市民が連携し、更に有効かつ効果的な支援活動を行うことができるよう協力関係を築くことを目的に、関係組織・団体、研究者、市民から広く賛同していただける方を募り、「反貧困ネット北海道」を立ち上げることにしたい。

2.反貧困ネット北海道の主な役割
 反貧困ネット北海道の主な役割としては次のようなことである。
(1)主に関係組織・団体間の情報共有・情報交換
(2)情報提供、学習活動・啓発活動(啓発資料の作成・配布、シンポジウム等)
(3)支援活動、相談援助の連携、協働
(4)人材、資金、物資等の社会資源の調整・開発の促進
(5)研究および政策提言

3.参加を呼びかける組織・団体
(1)ホームレス支援団体        (2)労働組合
(3)福祉・病院団体           (4)法律関係団体(弁護士・司法書士等)
(5)経営者団体             (6)その他

4.よびかけ人
代表 山口二郎(北海道大学)、
 中島岳志(北海道大学、 ビッグイシューさっぽろ代表)
川村雅則(北海学園大学、建設政策研究所北海道センター理事長)
木下武徳(北星学園大学、北海道の労働と福祉を考える会代表)

5.事務局連絡先
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目市民活動スペース アウ・クル 313号室
電話・FAX 011(533)3778   Email: hanhinkondo(at)yahoo.co.jp
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。