北海道の貧困を克服するために、労働問題や福祉問題について考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中退者:大学など、経済的理由15.6%--08年度 毎日新聞 2009年5月26日 

中退者:大学など、経済的理由15.6%--08年度
毎日新聞 2009年5月26日 
 全国の大学と短大、高等専門学校の08年度の中途退学者のうち、「経済的な理由」で退学した者の割合は15・6%で、前年度より1・6ポイント増えたことが文部科学省の調査で分かった。国公私立全1225校を対象に07、08両年度末の状況を尋ね、計1148校から回答を得た。中退者は08年度が4万9394人、07年度が6万3421人で、経済的な理由による者はそれぞれ7715人(15・6%)、8893人(14%)。08年度末の授業料滞納者は1万4662人(前年度比4030人増)で、回答校の全学生の0・6%(同0・2ポイント増)だった。

 同省は私立高校の授業料滞納状況も調査。回答した1323校の08年度末の滞納者は9067人(同791人増)で、全生徒に占める割合は0・9%(同0・1ポイント増)だった。

 大学、高校とも72%が「08年度は07年度より学生・生徒の経済的支援に関する相談が増えた」と回答。しかし08年9月以降、新たな支援策を実施したり、既存の支援策を拡大した大学などは219校(17・9%)、私立高校は56校(4・2%)にとどまった。【加藤隆寛】
毎日新聞 2009年5月26日 
スポンサーサイト
[ 2009/06/23 15:33 ] 全国・海外の記事 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。