北海道の貧困を克服するために、労働問題や福祉問題について考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自動車保有による生活保護停止の処分取り消し 福岡地裁

生活保護停止の処分取り消し 慰謝料も、北九州市に福岡地裁
2009/05/29 14:11 【共同通信】
 高齢や障害のため外出に不可欠な自家用車の売却を迫られ、拒んだところ違法に生活保護を一時停止されたとして、北九州市門司区に住む峰川義勝さん(68)と妻の久子さん(77)が同市の処分取り消しなどを求めた訴訟の判決で、福岡地裁の増田隆久裁判長は29日、処分は違法として取り消した上、市に慰謝料計60万円の支払いを命じた。
 夫婦の弁護団は「妻はほとんど歩行ができず、夫にも心臓の持病があり、通院などの生活に車は欠かせない」と主張。判決理由で増田裁判長は「妻がタクシーや公共交通機関を利用することが困難であったことは明らか」と判断、自動車の所有は認めずに保護を停止した処分を違法とした。
 さらに「保護停止の期間が7カ月強に及んだ。その間の生活は困窮し、食事を切り詰め、光熱費などを滞納する状況にまで至った」と指摘、1人30万円の慰謝料も認めた。
 市側は「妻のリハビリは自宅近くの病院でも可能で、タクシー通院もできた」と反論していた。
 判決によると、夫婦は2000年11月から生活保護を受け、直後から車の処分を迫られた。04年には文書指示を受け拒否すると、同年9月から翌年4月まで生活保護を停止された。
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009052901000565.html
スポンサーサイト
[ 2009/06/04 11:40 ] 全国・海外の記事 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。