北海道の貧困を克服するために、労働問題や福祉問題について考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

藤田孝典さんの学習会開催しました!

2012年12月8日、埼玉で反貧困に取り組んでいる「ほっとプラス」代表理事で、現在厚生労働省社会保障審議会の生活困窮者の生活支援のあり方に関する特別部会委員をされている藤田孝典さんに「貧困と社会的排除VS生活支援~わたしたちが考える生活支援と厚生労働省案」と出して講演をしていただきました。ポイントを紹介します。

貧困問題は、複数の問題が複雑に絡んでおり、縦割りの制度や事業では対応できず、様々な専門職とのチームで対応し、その人にあった「オーダーメードの支援」の必要性。たとえば、借金問題は生活保護を利用しても解決しないこと等が挙げられます。ほっとプラスには年間300人程の相談があり、そのうち3割程が多重債務問題を抱えています。このような問題に対応する前提として、トータルなアセスメントが必要で、生活費、住居、アルコール、借金等どのような問題がからんでいるのかをしっかり把握することが大切です。
藤田さん講演20121208

生活に困っている人の多くは、相談先がなく、また相談先についての情報も持っていない人も多い。そのために、訪問等のアウトリーチの支援が必要ということでした。そうして、困っている人を社会排除するのではなく、早く支援すれば、問題解決は容易になります。

貧困問題の解決のためには、次のような3段階の支援のあり方を考える必要があります。
【①個別支援 → ②仲間(ネットワーク)づくり → ③社会変革】
 たとえば、個別支援で個別に不動産に連帯保証人がなくても家を貸してもらえるようにするだけでなく、社会変革でこのようなことを理解してくれる不動産仲間を増やしていくことも大事です。

生活保護とアパートだけがあっても生活が成り立たないことも多い。貧困問題の原因の根本の問題に取り組んでいく必要がある。例えば、ほっとプラスの年間相談300件の内、4割は軽度の知的障害、6割は精神疾患やうつ病、7割は病気や障害を持っている。それにも関わらず、9割は健康保険証を持っていない。適切な支援が必要であり、そのためにも「アセスメント」と「伴走型支援」が不可欠。

その他、現在参加されている部会の中間まとめより、その問題・課題等を指摘していただきました。
 藤田さんのお話を伺って、個別支援から社会変革までを視野にいれた支援体制づくりをどう作るのかが大きな課題だと痛感しました。
 講演の後、会場からは、45分間も活発な質疑がありました。特に、貧困問題に対する取り組み等が一般に知られておらず、その情報提供等のあり方についても指摘がありました。反貧困ネット北海道としても考えていかなければと改めて感じました。(木)
fujita2-20121208
スポンサーサイト
[ 2012/12/18 16:06 ] 反貧困ネット北海道活動報告 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。