FC2ブログ
北海道の貧困を克服するために、労働問題や福祉問題について考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本社会福祉学会フォーラム「貧困に社会福祉学はどう立ち向かうか」

第9回日本社会福祉学会フォーラム in 札幌
貧困と政治―貧困に社会福祉学はどう立ち向かうか―


日時:2012年7月14日(土) 14:00~18:00(受付13:30~)

場所:札幌エルプラザ(札幌市男女共同参画センター) 3階ホール
   
(JR札幌駅北口より徒歩5分 札幌市北区北8条西3丁目)

★PDFファイルのチラシおよび申込み用紙は下記のアドレスからダウンロードしてください。
http://www.jssw.jp/whatsnew/pdf/20120601_01.pdf


1.趣旨
「失われた10 年」から「失われた20 年」へ、そして「失われた30 年」が始まろうとしている。この間、わが国の経済は失速し雇用環境も大きく変容し、人びとの生活が立ち行かなくなっている。このような事態を受け、格差・不平等、ワーキングプア、子どもの貧困、無縁社会、孤立死、貧困拡大社会等の言説が社会の耳目を集めている。これら言説は、人々の社会的関心を呼び起こし、社会運動と政策形成を促す積極的な側面・様相を持つ一方、政治・経済の停滞により一向に人々の暮らしが改善しない状況で生きざるを得ない現実に対し、諦観・自己防衛と他者・社会への反発・攻撃を強める消極的な側面・様相を呈するようになっている。そこでは、派遣村に象徴される貧困者の反乱と貧困者バッシングにみられる納税者の反乱が起きている。

これら貧困問題に対しどのような取り組みがされようとしているのか。政権交代で、コンクリートから人への生活第一を謳い力が入れられたかに見えたが、紆余曲折をたどりどのような方策と成果を得ようとしているのかその方向が見えなくなっている。

さて貧困問題とその対策は、元来政治性を帯びているものである。生命にかかわる貧困問題には取り組むべきであるが、給付をめぐるフリーライダー、モラルハザードなどは生活の自己責任を侵害する等とされ、援助・支援が手遅れとなり「孤立死」などを招いたりしている。貧困問題への感受性や考え方はおそらく人によって大きく異なるのであろう。また、そのことが貧困の政治をもたらすことになる。

そこで、貧困問題に内在する政治性を顕在化させることによって、貧困問題の市民的な議論を促進したい。

基調講演では、政治学の視点から貧困の政治性について言及して頂き、シンポジウムでは、社会福祉学の視点から貧困問題の政治性について、貧困のとらえ方の政治性、政策における貧困の政治性、福祉運動における貧困の政治性について報告を受け、貧困問題を焦点として福祉と政治とのかかわりについて議論をしたい。


2 主催
一般社団法人日本社会福祉学会 / 一般社団法人日本社会福祉学会北海道地域ブロック
3 後援
日本学術会議(予定)/社会福祉法人北海道社会福祉協議会(予定)

4 日時
2012 年7 月14 日(土) 14:00~18:00(受付13:30~)

6 対象
一般社団法人日本社会福祉学会会員および会員以外の方で本テーマに関心のある方

7 参加費
1,000 円(当日、受付にてお支払いください)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますの
で、受付で学生証をご提示ください。


8 プログラム

■14:00~14:10 開会挨拶
■14:10~15:10 基調講演:「貧困と政治をめぐって」
         講師:山口二郎(北海道大学教授)

■15:10~17:50 シンポジウム:
「貧困に社会福祉学はどう立ち向かうか」
【シンポジスト(発言各30 分)】
問題論の観点から 松本伊智朗(北海道大学)
運動論の観点から 吉永純(花園大学)
政策論の観点から 岡部卓(首都大学東京)
【コメンテーター 】 山口二郎(北海道大学)
【コーディネーター】 木下武徳(北星学園大学)


■17:40~17:50 閉会挨拶
*講師の敬称は略させていただきます
*プログラムの進行上、時間は多少ずれる場合があります
*途中、休憩をとります

9 申込み方法 
次の①~⑤の事項を明記の上、下記あてに2012 年7 月9 日(月)までにE-mail またはFax
にて、お申込みください。Fax の方は申込書をご活用ください。
①氏名(ふりがな)②会員・非会員の区別(会員の場合は会員番号)③所属先名(大学等)
④職業 ⑤連絡先(電話・Fax・E‐mail)
*手話通訳が必要な方は事前にご連絡ください。*参加証等はお送りいたしません。

10 参加申込み・問合せ先
一般社団法人日本社会福祉学会事務局 〒160-0008 東京都新宿区三栄町8 森山ビル西館303
Tel:03-3356-7824 Fax:03-3356-7820
E‐mail:jsssw@jt2.so-net.ne.jp →アットマークを半角にしてメールしてください。


スポンサーサイト
[ 2012/07/05 13:51 ] 反貧困ネット北海道のお知らせ | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。