北海道の貧困を克服するために、労働問題や福祉問題について考えます。
月別アーカイブ  [ 2009年12月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンストップ総合相談会を開催しました!

2009年12月14日(月)10時から19時まで、札幌市中央区民センターにて、反貧困ネット北海道主催で、「ワンストップ」総合相談会を実施しました。反貧困ネット北海道のネットワークに参加している労働組合や福祉団体、法律家など、各メンバーの働きかけによって、就労、労働、法律、生活、医療などの総合相談ができました。特に、政府の方で利用を進めている「新たなセーフティネット事業」を有効活用しようということで、労金や社協の方にも相談の対応をしていただき、「ワンストップ」総合相談ができました。

当日、相談に来られた方は49人でした。ただ、遠方や時間的に相談に来られない方からの電話による相談も13人の方から寄せられました。つまり、合計62人の方から相談がありました。
札幌では、11月30日に行政で「ワンストップ・サービス」として就労や生活の総合相談会を実施したところでしたので、相談に来る方はかなりすくなくなるかもと思いましたが、多くの方に利用していただけてよかったです。

相談内容としては、やはり解雇され生活が成り立たず困っていること、また借金問題など様々な相談が寄せられました。対応としては、生活保護の申請や貸付給付の手続きの支援、会社との交渉をする準備をするなどでした。今回の相談会をとおして、多くの方の生活の建て直しに貢献できたことは良かったと思います。

相談会の様子
会場の様子です。

ところで、当日夕方に、東京に事務局のある「反貧困ネットワーク」代表の宇都宮弁護士が会場に激励に来られました。反貧困ネット北海道の山口代表や相談スタッフといろいろ意見交換をすることができました。

宇都宮弁護士と山口代表
宇都宮弁護士と山口代表

札幌では、12月16日、また、おそらく29日、30日にも行政が「ワンストップ・サービス」を開催する予定です。相談を通して、1人でも多く、生活の建て直しに繋がればと思います。
同時に、反貧困ネット北海道でも、できること、すべきこと、検討して活動していきたいと思います。以上 (文責 事務局 木下武徳)
スポンサーサイト
[ 2009/12/16 01:58 ] 反貧困ネット北海道活動報告 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。